×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビジネススーツとは

ビジネススーツの種類とは?ビジネスシーンで選ぶスールの情報

オーダースーツを究める為の情報サイト

スーツnavi

TOP > 目的別に見るスーツの種類 > ビジネススーツ

ここではビジネススーツをご紹介。様々なシーンでどのようなスーツがあり、どのように利用するのか解説しています。

スーツの種類

ビジネスシーンでは欠かせないスーツ。ビジネススーツを言えば日本では「背広」という言い方をする方も数多くいます。

ビジネスで着用するため、色や形状は控えめ。スタイルはオーソドックスなタイプが好まれます。

リクルートスーツなどもビジネススーツのひとつと言えますが、礼服との違いははっきりしているのが特徴です。日本では礼服は真っ黒なスーツを指すことが多く、ネクタイの色で状況に合わせます。

一方、ビジネススーツでは黒のスーツであってもYシャツやネクタイに色のついたものを組み合わせることが多く、スーツ事態も紺、グレーといったオーソドックスな色から、茶色やストライプが入ったものなど、ファッション性が取り入れられているのが特徴です。

形状もシングルの二つボタンや三つボタンなど様々ですが、年配層や会社の上層部で勤務する人にはダブルや三つ揃いのスーツを着用する人も多いようです。

また最近では、ビジネスカジュアルと言って、ビジネスシーンでもスーツを着用しない文化も生まれています。

会社によってはTシャツやジーンズもOKであったり、ジャケットだけは着用が義務付けられていたりと、会社や業界によって非常に大きな差が出てきています。

リクルートスーツ

リクルートスーツは就職活動中に学生が着用するスーツのことを指す日本独自の文化でスーツの種類を示すものではありません。

しかし、実際には面接時に着用することから、色は黒やグレー、濃紺といった無地ので清潔感があるものが定着していて、形状もシングルの2つボタンかシングルの3つボタンを選ぶ人が多くなっています。近年はダブルスーツを就職活動に使う人はまれで、これはダブルスーツが「年配者が着る」というイメージが定着しているからと言われています。

燕尾服

男性の着用するスーツの種類で、夜の最上級礼服の一つ。裾が燕の尾のように見えることから燕尾服と呼ばれるようになったそうです。礼服として使われることが多く、ビジネスシーンでは大臣の記念撮影などで着用されています。

戦前の日本では国によって「通常礼服」と定められていて、下級官吏や民間人の最上級正装とされていました。形で有名なのはミッキーマウス。ミッキーが来ているスーツは燕尾服です。

スーツと言っても 状況や用途によって実に様々なスーツがあります。ここではスーツの種類について解説します。

用途別にスーツを調べる

形状でスーツを調べる


Copyright©2013 bodysuit.himegimi.jp All Rights Reserved.