×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーツを究める

スーツの作り方や選び方をご紹介

スーツを究める為の情報サイト

スーツnavi

TOP

リクルートスーツからオーダースーツ、喪服や礼服などビジネスシーンに欠かせないスーツ。

このサイトではスーツの選び方から日々のメンテナンス、オーダースーツや付属品にに至るまでスーツの事なら何でも分かるサイトです。

スーツの歴史

日本では背広

スーツの歴史は19世紀のイギリスでモーニングコートの裾を切り落としたことにはじまります。アメリカではサックスーツ、イギリスではラウンジスーツと言われています。

昔のスーツ

19世紀末ごろからアメリカのビジネスシーンにおいてビジネスマンが着用し始めたことから世界的に普及したと言われています。

スーツの正統な形式ははスリーピースで、イギリスで生まれた頃のスーツは貴族紳士が着るものとされていたようです。その後ツーピーススーツが生まれてくるのですが、正統派のスリーピーススーツを簡略化したものとして生まれてきており、着こなしに関してもスリーピースに比べ簡略化されています。


日本では幕末から明治にかけて普及

日本では幕末末期に持ち込まれ、イギリス製、アメリカ製、フランス製が最初に切られるようになりました。諸外国と同じように当時はスリーピーススーツが主流でした。

第二次世界大戦以前は3つボタンのスーツが主流だったようです。その後、アメリカを中心にローリングダウン(段返り)と呼ばれる着用方法が流行し、やがて3つボタンスタイルのスーツが登場してきました。

最近のスーツ(三つ揃い)

大戦後は2つボタンのスーツが主流とななってきましたが、1960年代に3つボタンが世界的に流行。日本では1995年前後から3つボタンが流行。 またバブル期にはルーズなだぼっとしたシルエットのダブルスーツやDCブランドと言ったブランドもののスーツが流行しました。色においても全身黒ずくめのスーツがはやったりと色の流行が顕著になりだしたのもこの頃です。


現在の日本では若い世代がシングル2つボタン、中年以上の世代ではシングル3つボタンというスタイルが多くなっていますが壮年層を中心にダブルスーツも根強い人気があります。

スーツの種類

スーツと言っても 状況や用途によって実に様々なスーツがあります。ここではスーツの種類について解説します。

オーダースーツを作るならテーラーフクオカ

スーツの種類を調べる


Copyright©2013 bodysuit.himegimi.jp All Rights Reserved.